浦安の歯科医院・歯医者さん「市川歯科クリニック」土曜・日曜診療 急患・初診は随時受付ております。

市川歯科クリニック 浦安

電話047-355-2211 土曜・日曜診療

一般歯科治療

虫歯の治療

虫歯の原因

虫歯の原因お口の中には、数多くの細菌が住んでいます。その中で特にミュータンス菌と言われる虫歯の原因菌が虫歯(齲蝕症)を引き起こす主な原因となります。
虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、歯に付着すると糖分を栄養にし、ネバネバしたものと歯を溶かす酸を産生します。このような理由から、食後にはしっかりと歯を磨き、菌が歯に付着することを防ぐことで虫歯を予防できるのです。


虫歯の進行と治療法

初期の虫歯 -CO-

初期の虫歯 -CO-

初期の虫歯 -CO-虫歯になる一歩手前の状態です。
歯の表面に白濁が見られるようになります。痛みなどの自覚症状はありません。

-治療法-
この段階での治療は必要ありません。ブラッシングの仕方を注意することや、歯科クリニックでフッ素塗布を行い経過をみます。自分では気づかないうちに進行する場合も多いので、歯科クリニックでの定期的な検診をおすすめします。

エナメル質の虫歯 -C1-

エナメル質の虫歯 -C1-

エナメル質の虫歯 -C1-歯の表面のエナメル質だけが溶けはじめた段階です。
むし歯が慢性の場合には黒ずみが見られるようになります。一方、急性のむし歯では黄色みがかかるだけで自分では判断できません。まだ痛みなどの自覚症状もありません。

-治療法-
治療法は虫歯の部分を削り詰め物をします。簡単な処置で白い詰め物を詰める場合が多いですが、範囲が大きい場合や、噛み合わせによっては型取りをする金属の詰め物(保険診療)または白い詰めもの(自費診療)になります。

象牙質に達する虫歯 -C2-

象牙質に達する虫歯 -C2-

象牙質に達する虫歯 -C2-虫歯がエナメル質を貫通し象牙質まで達した段階です。
むし歯が進行し大きく穴が開いてきます(奥で広がっていて穴が見えないこともあります)。象牙質に達したことにより、冷たいものや甘いものがしみるようになり痛みを伴うことも多くなってきます。

-治療法-
虫歯の範囲が小さい場合は詰め物で、範囲が大きい場合は型取りをして被せものをします。
保険内の診療では金属色や変色してしまう材料しか使えませんが、保険外治療で材料の良いものを入れることも出来ます。

歯髄に達する虫歯 -C3-

歯髄に達する虫歯 -C3-

歯髄に達する虫歯 -C3-虫歯が歯の神経(歯髄)まで達してしまった段階です。
熱いものがしみたり、何もしなくても強い痛みが出る場合があります。神経を残せるか残せないかの瀬戸際の段階になります。

-治療法-
年齢や状態により、歯の神経を残す治療をします。しかし、痛みの程度により神経を取らないと痛みがひかない場合は神経の治療をします。神経は歯にとって栄養源です。神経の有無により、歯の寿命も変わります。ここまでむし歯が進んでしまう前に治療を開始するか、歯科定期検診を受けていただき、なるべく早く発見できるようにしましょう。

歯根に達する虫歯 -C4-

歯根に達する虫歯 -C4-

歯根に達する虫歯 -C4-虫歯が進行して歯根にまで達した段階です。
歯の神経が壊死するため一時的に痛みはなくなりますが、根の先に膿がたまり始めると再び強い痛みがでます。

-治療法-
状態によって根の治療を行い、歯を残す治療をします。しかし、場合によっては歯を残すことが困難なこともあります。神経は歯にとって栄養源です。神経の有無により、歯の寿命も変わります。ここまでむし歯が進んでしまう前に治療を開始するか、歯科定期検診を受けていただき、なるべく早く発見できるようにしましょう。

↑ 各段階をポイントすると説明が見られます ↑

お口の中の虫歯や歯石などを口腔内カメラを使い、モニターにてご説明します。

口腔内カメラ口腔内カメラ モニター画像モニター画像

歯周病の治療

歯周病の原因

歯周病も虫歯と同じく細菌が原因で起こると言われています。ただ虫歯菌は歯に付くのに対し、歯周病菌は歯周ポケットという歯と歯ぐきの間に住み着き、歯を溶かさず歯の周りの組織である特に歯を支える骨を溶かしていきます。歯周病は20代のころから歯肉の中で進行し50代、60代に歯が揺れたり歯肉が腫れたりしてくることが多く、自分では気付きづらい病気です。そのため症状として出てくるころはかなり進行した状態になっていることがしばしば見られます。


歯周病の進行と治療

歯周病は歯周組織(歯ぐきや顎の骨など)の病気です。初期段階では自覚症状はありません。歯周病を放置しておくと静かに本人が気が付かないうちに病気は進行し、歯ぐきが炎症を起こし腫れ上がります(歯肉炎)。さらに放置していると顎の骨が溶かされ歯がグラグラしてきます(歯周炎)。

正常な状態

正常な状態

0367011201.png健康な歯ぐきはピンク色で引き締まっています。
正常な歯周組織はピンク色の歯ぐきで赤い炎症や出血も見られず、引き締まっています。また歯はしっかりと骨に支えられ、グラグラ揺れることはありません。

この健康な状態をずっと続けていくことがとても大切です。
歯科医院での定期的な歯垢・歯石の除去や日々の正しいブラッシングで健康な状態を保ちましょう。

歯肉炎(しにくえん)

歯肉炎(しにくえん)

0367011202.png歯肉だけが炎症を起こしている状態です。
歯の周りに付いた汚れにより炎症が起き、歯ぐきが赤く腫れ、容易に血が出る状態です。歯ぐきの部分だけが炎症を起こしており、歯や骨には異常がありません。

汚れを早期に取り除けば健康な状態に戻りますので、ブラッシング方法を見直したり、歯科医院での歯垢・歯石の除去を行うことをおすすめします。

軽度・歯周炎(ししゅうえん)

軽度・歯周炎(ししゅうえん)

0367011203.png歯を支える骨に影響が出てきます。
歯肉炎が進行すると、歯の周りの骨に影響を及ぼす「歯周炎」に移行します。出血するだけでなく、歯を支えている骨が溶けはじめてきます。膿(うみ)がたまって口臭が出ることもあります。
一度溶けてしまった骨は元に戻ることがありません。

歯周ポケットの奥に溜まった歯石が原因なので、取り除く処置が必要になります。

軽度・歯周炎(ししゅうえん)

中等度・歯周炎(ししゅうえん)

0367011204.png歯を支える骨がかなり溶かされます。
歯周炎がかなり進んでくると、歯を支えている骨(歯槽骨)が大きく溶けてくるため歯がグラついてきます。また歯ぐきの腫れもひどくなります。

早急に処置を行い歯周病の進行を止める必要があります。歯周病は一度進行してしまうと、失った骨などをもとに戻すことが非常に困難になります。
歯周ポケットが深すぎる場合には、簡単な手術によって歯ぐきを少し開いて歯石を取ることがあります。

重度・歯周炎(ししゅうえん)

重度・歯周炎(ししゅうえん)

0367011205.png重度の歯周炎では自然に歯が抜けてしまうことがあります。
歯を支えている顎の骨(歯槽骨)がほとんど溶けてしまうため歯根(歯の根っこ)が露出し、歯はものが咬めなくなるほどグラグラな状態になります。また自然に歯が抜けてしまうこともあります。

ここまで歯周病が進んでしまうと、一時的に歯を固定するか抜歯になることもあります。

↑ 各段階をポイントすると説明が見られます ↑


歯科医院名称 市川歯科クリニック
診療科目 歯科、小児歯科、口腔外科、矯正歯科
診療時間 月・火・木・土・日曜日 AM 9:00~12:30 / PM 13:30~PM 18:00
休診日 水・金曜・祝祭日  ※土曜・日曜も診療中!
電話 047-355-2211  急患・初診は随時受付ております。
住所 〒279-0003 千葉県浦安市海楽2-12-4 [Googleマップ
アクセス 東京ベイシティバス「海楽」バス停下車 徒歩2分 [詳しく見る
駐車場 クリニック横 1台分あり

HOMEHOME
当院について当院について
クリニックツアークリニックツアー
交通アクセス・地図交通アクセス・地図
お口の写真データ管理お口の写真データ管理

一般歯科一般歯科
予防歯科予防歯科
小児歯科小児歯科
インプラント治療インプラント治療
入れ歯治療入れ歯治療
根の治療(根管治療)根の治療(根管治療)
噛み合わせ治療噛み合わせ治療
マタニティ歯科マタニティ歯科

当院の衛生管理について当院の衛生管理について

診療時間

交通アクセス・地図交通アクセス・地図
電話047-355-2211