MATERNITY

マタニティ歯科

 

妊娠中に歯科治療が行える時期について

基本的に妊娠中でも通常の歯科治療を行うことは可能です。ですが、なるべく安定している時期である(5ヵ月~7ヵ月ごろ)を目安に歯科治療を受けられることをおすすめします。
妊娠中のお口の中は普段と比べ虫歯や歯周病にかかるリスクは高くなっていると言われています。
その理由として次のようなことが言われています。

  • つわりの影響で歯が磨きにくい。
  • 食事の回数が増えて、お口の中が汚れやすくなる。
  • お口の中が酸性になり、虫歯のリスクが高くなる。
  • ホルモンバランスの変化で歯周病になりやすくなる。

このように妊娠中はさまざまな影響により、虫歯をはじめ口腔内にトラブルを起こしやすい時期でもあります。歯周病原因菌の出す炎症物質は、早産・低体重児出産の危険が高まるとされていますので妊娠する前、もしくは妊娠中でも予防・治療をしてきちんとしたお口の健康管理をすることでそのリスクは減らすことができます。

 

治療の時の体勢について

妊娠中おなかが大きいと治療チェアであおむけになる体勢が苦しいという方もいるかと思います。もし苦しいと感じたらその時は少し背もたれを起こして治療することもできます。また治療の途中に気分が悪くなってしまった場合などは、少しずつ休憩を入れながら治療するなど、体調に合わせた治療を行っていきます。

 

麻酔について

妊娠中の治療について心配なのは麻酔に使う薬が胎児に影響を及ぼさないかということでしょう。歯科で使う麻酔の薬は局所麻酔で使う量もごく僅かで、また薬の成分も胎児に全く問題がないことが確認されていますので、ご安心ください。それでももしご心配なようでしたらスタッフへお伝えいただければ、なるべく麻酔を行わない治療方針を検討させていただきます。

 

レントゲン撮影について

歯科のレントゲン撮影のエックス線量は医科のものに比べても少なめで、さらにエックス線防護の鉛のエプロンを使用することにより、ほぼゼロに近い値で少なくすることが出来ます。さらに当院ではデジタル方式のエックス線装置を導入しておりますので、通常の歯科エックス線装置よりも数分の一から数十分の一まで線量が抑えられています。
ご心配であれば、スタッフへお伝えください。

 

お薬について

妊娠中にお薬はあまり飲みたくないものです。当院では処方する際に胎児に悪影響のないお薬を処方しておりますが、なるべくお薬を使わないで治療を行える場合もありますので当院歯科医師にご相談ください。

 

他の病気との関連を見ながら歯科治療する必要がある場合には産婦人科等の医師と対診する場合がありますので、
当院歯科医師へ早めにお申し出ください。